10月16日(月)、グランシップを会場にして、<2017静岡大会>助言者をしていただいた石川先生、久保田先生、安武先生、遠山先生をお迎えし、第4回研修会を実施しました。
全体研修では、大会参加人数及び参加者内訳、また県外の先生方、協賛団体様よりいただいたアンケート集計結果の報告が行われました。概ね好意的な御意見が多く、大変励みになりました。しかし、中には鋭い御指摘もあり今後の参考になりました。
ワークショップ研修では、分科会ごとに分かれ、大会を振り返り、過去から現在を踏まえて、今後10年間における県高美工研の活動の方向性を明確するために意見交換に努め、実施しました。
現在の自分の授業を振り返ることの重要性や美術・工芸教育をもっと保護者や他教科の教員にもアピールしていくこと等の意見が示されました。また、助言者の先生からは、準備段階から静岡大会までに行った研修等の取り組みを組織として今後も継続、発展させていくことが必要であると御助言いただきました。
<2017静岡大会>を通して静岡県の美術、工芸教員の成長をそれぞれの先生方が強く実感することができました。静岡大会を新たな成長への機会と捉え、個々の教員が自分自身を振り返り、更なる成長を目指していきたいと思います。

第4回研修会